2013年11月16日

クローズアップフィルター

クローズアップフィルター試し撮り



先日購入したmarumiのクローズアップフィルター +2と+4。

使い始めましたが思ったほど焦点距離が縮まらない。

思ったほど拡大されない。


んー、使いこなし術を練習する必要有りだな。

投資した分はキッチリ回収しないといけないので、頑張ろうっと。
posted by Tsuru at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

星空と常念道祖神

撮影失敗、開けすぎた。

会社帰り、いつもの常念道祖神へ寄ってみた。

月が出ていたので、常念がきれいに写るだろう、と三脚を据えて
カメラをセットして、ISO感度、絞り、露出を決めてシャッターを押す。

で、失敗してこの上の写真に。

設定ダメダメで、まるで昼間のよう(涙




気を取り直して設定直して再撮影。

常念岳、常念道祖神と星空


この日、ISO感度上げ過ぎとか、絞りと露出が決まらなかったのは実は
リモコンレリース持って無くて、バルブ撮影使えなかったから。

ほんとはもっと絞って長時間露出したかったんですけど、リモコンレリーズ無いために
タイマーでシャッター切るしか無く、そうすると最大30秒しか切れなくて、で
絞り開しかなかったのでした。

これからは毎日リモコンレリーズ持ち歩こうと思ったのでした。
posted by Tsuru at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

常念道祖神にも冬の足音

常念に雪が降った

出社前、時々定点観測的に通っている常念道祖神。


常念は真っ白だし、もう冬はそこまで来ています。


寒いのは苦手だけど、冬には冬の楽しみがあるから、楽しみましょうかね。
posted by Tsuru at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高ボッチ

富士、雲海、諏訪夜景

最近は高ボッチに通うのにはまっていて、「諏訪湖と富士山」を
撮っていますが、なかなか思うような天気、コンディションに
恵まれず、、、、、です。


自然相手だと思うようにいきませんね。


早くスタッドレスはいて、ギリギリまで通おうっと。
posted by Tsuru at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

法蔵寺山門

通勤途中にある寺、法蔵寺。

時々寄ってみては、写真を撮る練習をしているのですが
秋らしく色づいていたので山門から撮影。

ここ、法蔵寺山門は長野県宝となっていて、寛政元年(1789年)、
建築彫刻の第一人者伊藤長左衛門の作だそうです。
posted by Tsuru at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SAM

最近出番がすっかり少なくなっていたBoblebeeのSAMですが、
メインカメラがFUJIFILM X-M1になったことで、また出番が
増えそうです。


カメラが小さくなれば、荷物も小さくできる、バッグも小さく
できる。これは凄く嬉しい。

荷物が多いと、行動がどうしても小さくなってしまう。

Boblebeeならアクティブに動けますからね。

さぁ、SAMを使ってアクティブに行動しようっと。
posted by Tsuru at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デジタルカメラマガジン

塩尻の図書館に置いてあるから助かるわぁ。

写真雑誌って、過去のものも結構参考になる事が多くて、
この前も塩尻 えんぱーく の中の図書館でバックナンバー
を何冊も選んで、テーブル席でじっくりと読んでみました。


F値の話、広角vs.望遠、単焦点vs.ズーム、シャッタースピード
などなど、、、、。


中でも良かったのは最近の号、スローシャッター特集。


僕もスローシャッターを楽しみたいなぁと思っていて、
ND400フィルターをいつか買いたいなぁと思っているのですが、
この本を見たら、ND買う前でもまだまだ色々と遊べるはずだから、
もっと工夫してみようと思ったり。

また、今僕の一番の悩みである構図、に関して「定番構図の崩し方」
特集が良かった。


こちらはじっくり見るために借りてきました。

最近何でもかんでも三分割法になってしまっていて、いい加減飽きて
るので。


ま、そんな感じで図書館を有効利用しつつ、写真知識を深めていって、
いつか会心の一枚、を撮りたいなぁ。
posted by Tsuru at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひとり

写真撮影時、被写体と向き合ってじっくり過ごす時間が
何とも楽しい。


先日の貞祥寺での撮影も、お寺から段化の人たちの話し声や、
お経が流れる雨の中、一人でカメラを抱えて敷地内を歩き、
撮りたい場所にカメラを据え、フォーカスを決め、絞りを決め、
シャッターを切る。


また場所を変え、同じように写真を撮る。

あっという間に1時間、2時間と過ぎていきます。

グループでわいわいと撮ると言う撮影をした事がないので、
そういうのはどうなんだろうなぁと思いつつ、また次も一人で、
黙々と撮りたいと思います。


楽しいんだなぁ、これが。
posted by Tsuru at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老眼鏡

老眼が引き続き進行していて、手元のモノは目を細めても
かなり見にくくなっており、老眼鏡は必須な状態です。


メインは引き続きClicReaders Euroを使っていますが、飽きる。

で、以前作って、でも遠近両用、中近両用とレンズ作ってみた
ものの合わなくて放置していたzoffの眼鏡を、素直に老眼用
レンズに入れ替えて(3,150円掛かりました)使い始めました。

眼科医によると60歳くらいまで老眼の進行は止まらないという
事なので、今後も老眼鏡とは付き合っていかないといけない。

上手く眼鏡と付き合いたいなぁ。
posted by Tsuru at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

クリエイティブ

写真は撮って出し、これはもちろん正解だと思いますが、
撮ったものを自分のイメージに合わせて現像する、これも
アリだと思います。


というか、これが楽しい!

そう、RAWで撮った写真を現像ソフトで作り込む作業が。

フィルム写真の時にも、マニアックな方々は暗室で現像を
する際に自分の思い描いたように調整をしてプリントして
いたのだと思いますが、一般人にはなかなか手の出せない
領域だったと思います。

ところがデジタルないま、僕のような素人でも自分の撮った
写真を自分の好きなように、暗室でなく、明るい部屋で
簡単に(というか簡単な事しかできませんが)イメージを
調整できる。


何とも素敵な時代になったものです。


すでに一部のカメラには、写真を撮ると画像を解析して
最適な構図に調整してくれる機能が搭載されているよう
ですが、そのうち現像ソフトにもそういう機能が搭載され、
撮りっぱなしの写真がボタン一つで、すばらしい構図、
すばらしい露出で出力できるようになるかもしれませんね。


まぁ、そこまで自動すぎると楽しみがなくなっちゃうかも
しれませんが、写真ってものは、これからも当分楽しめそう
ですね。
posted by Tsuru at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする